top of page
スライド1.jpeg

#おくる防災体験会に参加してまいりました

​2021.12.16

伊勢丹リボン.png

エールマーケット主催、国際災害レスキューナース 辻直美さんをゲストに招き、
おすすめの防災グッズの体験や防災料理づくりなどができる体験会

IMG_3472.HEIC
concept-logo.png

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が運営する、エシカル消費をテーマに人・環境・社会に配慮した商品のみを取り扱うメディアコマース「エールマーケット」主催で、3月11日の「おくる防災の日」(※1)に向けて、国際災害レスキューナースの辻直美さんをゲストに、おすすめの防災グッズの体験や防災料理づくり、試食を実施する体験会(以下、本イベント)が実施されました

その体験会にお招き頂き、私たちTEAM「SAVE the 未来」が取材してまいりました!楽しい防災を沢山体験しましたので、こちらで皆さんにもご紹介いたします!

内閣府の調査によると、災害時のために食品などを備蓄している方は半数以下という調査結果(※2)などから、防災グッズの備蓄はなんとなく後回しになりがちという方が多いことが示唆されているとのこと。しかし、自分のことは後回しにしがちでも、「大切な人のため」なら後回しにせず動けるのでは、それをきっかけに日本の備蓄率向上につなげられるのでは、という考えから、Yahoo! JAPANでは、ギフトとして防災グッズを贈ることを提案する、「#おくる防災」企画を2021年2月から開始しています。

※1「生きていてほしい人に防災用品を"贈る"」「遠くに住む大切な人に防災用品を"送る"」という習慣が世の中に根付くことを目指して、「エールマーケット」は3月11日を「おくる防災の日」に制定しました。(2021年2月一般社団法人「日本記念日協会」登録)
※2 内閣府「防災に関する世論調査(平成29年11月調査)」より https://survey.gov-online.go.jp/h29/h29-bousai/index.html

[ヤフー株式会社 エールマーケットからのメッセージ] 

3月11日、東日本大震災から11年目を迎えます。これからも震災の記憶を忘れずに、災害に備えることが大切です。エールマーケットは3月11日を「おくる防災の日」に制定しました。この日をきっかけに、離れて住む家族など大切な人に、防災食や防災用品を贈ってみませんか?2022年もエールマーケットは「#おくる防災」特集にて、ギフトに最適な防災グッズを新たに紹介・販売します。ぜひ、ご覧ください

■TRY  1■

#おくる防災にピッタリのアイテム体験は、

↓パッククッキング↓

IMG_3393.HEIC
IMG_3469.HEIC

※ マスクを外して撮影した画像が含まれていますが、撮影時以外は原則マスク着用、安心・安全に配慮して実施されました。

皆さんは、パッククッキングをご存知ですか?

「パッククッキングとは…耐熱性ポリ袋に食材を入れて、袋のままお鍋で湯せんする調理法」

筆者は、知りませんでした。そして、今回初めてのパッククッキング体験!国際災害レスキューナースの辻直美さんに色々と教えていただきました。ビニール袋でお料理ができちゃうなんて、それだけで面白くて楽しい♪!工夫次第で、器も汚れないし、お水も節約できちゃう!災害時にも普段に近い食事ができるのも魅力だし、災害後の沈みがちな気分をあげてくれそうです。

 

辻さんからは、「災害時に使う調理アイテムに普段から慣れておく事も大切・・」というアドバイスも・・・。小さな調理ナイフ等を災害時に急に使おうとしても上手く使えない・・なんて事もよくあるそうです。こんな風に普段から家族やお友達と、美味しく楽しみながら慣れておくと良いかもしれませんね。

IMG_3355.HEIC

<岩谷マテリアル アイラップ 家庭用>

(25cm×35cm 60枚入 ポリ袋)

 

取り出し簡単で便利なキッチンラップ。

1,208 円

IMG_3472のコピー.HEIC

<岩谷産業 イワタニ カセットフー 風まる2>

 

風に強く、屋外でも使える!

5,977 円

IMG_3529.HEIC

<CARRY THE SUN キャリー ザ サン S>

 

・ソーラー充電で電池不要、折り紙のように畳めるランタン。
・太陽光充電で一晩中明かりを灯すから、停電時はもちろん、地震や災害時など非常時の救援物資としても活躍します。!

​2,860 円

■TRY 2

#おくる防災にピッタリのアイテム体験は、

↓あかり↓

IMG_3519.HEIC